大学を卒業して、最初に勤めた会社は、名古屋市瑞穂区にあった。

その時は本社統括部総務Gに配属され、ホームページ・車両・社宅管理、

契約書作成、契約書管理など、一般的な総務職の仕事をしていた。

その時に知り合った方からそのうち創業するかもということで、

今日連絡をいただいた。

こんなビジネスを考えているんだということを言われたので、

楽しみですねと言いつつも、1点アドバイスさせて頂いた。

1.そもそもニーズがあること

2.集客が出来ること

3.顧客から見て他社と差別化されていること

この3つだけは先に確認して、いまのうちに記述しておくべきだと伝えた。

私も創業したのでよくわかるが、

創業者はやりたいことを先行させて、

需要に対して供給をするという原則を忘れてしまいがちだ。

そして、もう1点追加するならば、

成功者の話は聞いてもいいが、そのまま実践しない方がいいと考える。

成功者はたまたま成功したと思った方が、創業する人にとっては危なくない。

成功した人をそのままマネをするのは本当に危険だと思う。

なぜなら、成功の要因は複雑に絡み合っていて、

どれか1つとは言い切れないはずだが、

成功者の話においてその複雑に絡み合った要素について、

全て語られるとは限らないからだ。

むしろ、創業して失敗した人たちの話をたくさん聞いて、

なぜ失敗したのか、その方が考える理由、

さらには、自分なりに分析して必要であれば、

逆をしていく方が間違いないのではないかと考える。

野村監督も座右の銘にしたと言われる、

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

ということだ。

下のリンクも是非参考にしてほしいというところで、

先月も一社創業の応援をさせて頂いた、

とにかく創業したい人を全力で応援していきたい大澤でした。

https://diamond.jp/articles/-/275210

https://www.compass-point.jp/kakugen/4473/