労働保険の年度更新の季節がやってきた。

こんな緑色をしているのでとても目立つ。

給料さえ毎月計算されていれば、

それを元に記載するだけではあるので、

そこまで難しいものではない。

なので、確定申告が終わり、

5月が終わり、毎年6月になるとホッとする(笑)

新緑の季節に癒しの色だ。

とはいえ、これをやるたびに思うのは、なぜ、

これだけのことを租税とは別に公課として徴収しているかだ。

こういう無駄な税制が無くならない限り日本は良くならないなと思う。

徴収は一括で配分だけうまく考えて欲しい。

というわけで、社会保険、労働保険しっかり従業員に教える時期にしたい。

社会保険労務士、時々、税理士・行政書士の大澤より